「teketは優しさにあふれたサービス」日本の古典芸能に関するイベントを配信している「タケノワ座」に聞いたteketを選ぶ理由

「teketは優しさにあふれたサービス」日本の古典芸能に関するイベントを配信している「タケノワ座」に聞いたteketを選ぶ理由

コロナ禍前まではリアルイベントを中心に活動していたけれど、コロナ禍でオンライン配信にシフトしたアーティストさんや団体さまは多いと思います。シフトをする時の悩みの一つが「どの電子チケットサービスを使うか」ではないでしょうか。

今回は、オンライン配信にシフトするタイミングで様々な電子チケットサービスを試したという、「タケノワ座」を運営している竹ノ輪代表の竹村圭介さんにお話しを聞きました。大手から外資まで様々な電子チケットサービスを使用されたタケノワ座さんがteketを選んだ理由とは。ぜひ最後までご覧ください。

teketはお客さまに優しい設計になっている

ーー 本日はよろしくお願いします。タケノワ座はどのような経緯で立ち上げられたのでしょうか?

コロナ禍がきっかけですね。元々、「竹ノ輪」という名前で2006年頃から、日本の古典芸能に関するイベントを行なっていました。例えば、落語会であったり、長唄三味線の会であったり、日本酒の会であったり、着物・浴衣を着て歌舞伎を観劇する会であったり。

不定期ではありましたが、長く続けていたリアルイベントがコロナ禍で開催できなくなったので、2020年5月にオンラインイベントを開催する「タケノワ座」を立ち上げました。

ーー オンラインイベントは何人体制で運営されているのですか。

私ひとりのワンオペです。1人、2人、準備や片付けでお手伝いしてもらうことはありますが、イベントの企画・告知、準備、配信業務、撤収までひとりでやっています。

ーー それは凄いですね・・・・・・。

元々リアルイベントも少人数でで運営していたんです。私が好きな落語家さんなどに頼んで、小さな規模で開催していたので、その感じをオンラインに移してみよう、と。

ただ、無料でYouTubeで配信、というのは私のやり方ではないなと思ったので、1人でできる範囲の有料イベントを企画しました。

ーー 電子チケットを使用したのは、オンラインイベントがきっかけでしょうか。

そうですね、リアルイベントでも何回か使ったことはありましたが、本当に数回程度で・・・・・・。オンラインイベントだと電子チケットにせざるを得ないので導入した、といった感じです。

ーー タケノワ座さんは、teket以外の電子チケットもご使用されていると思いますが、電子チケットを導入してみて使い心地はいかがですか。

電子チケットサービスごとに特徴があって、本当に様々ですね。

タケノワ座は、日本の古典芸能に関するイベントなのでお客さまの年齢層が高めです。そのため、どのサービスがお客さまにとって使いやすいかなどを探りたいこともあって、大手や、外資、teketさんのような新しいサービスまで、電子チケットサービスは全部使うくらいの勢いで使いました。

使ってみて分かったのは、イベントを登録してから公開されるまで2週間くらいかるもの、チケットというよりかは自分でPDFを作って販売しないといけないもの、スマホでは操作しづらいものなど本当に様々なこと。今お話ししたのは運営側の面ですが、お客さま側のUIも同様です。

たくさん使ってきた中で、teketさんが素晴らしいと思うのは、「お客さまに優しい設計になっている」ことです。

優しさにあふれたサービスで国内最大手になって欲しい

ーー ありがとうございます。タケノワ座さんのTwitterでも、そのような紹介をしてくださっていて、すごくありがたいなと思っています。具体的に、どういった所がteketの良い点なのかを教えていただけますか。

まずは、チケット購入者に自動でQRコードやチケット情報が載っているPDFが届く点。自分自身で試しに購入してみましたが、購入完了メールとか、チケット情報が分かりやすいんですよね。

電子チケットに慣れていない方のサポートって大変なんですけど、そういったところをteketさんが引き受けてくれるのもありがたいです。実際に、teketさんを使い始めてからチケット購入に関する問い合わせを私が受けることはなくなりました。

あとは、Vimeoを使って配信をしているときに、スマホでチャットが利用できることも決め手でした。他の電子チケットサービスでは、Vimeoを埋め込んで配信するときにチャットが表示されなくて、それでクレームをいただくこともありました。

その他、使ってみて良かったのは、チケットごとに割引ができることや、シリアルコードの発行でしょうか。どちらも、プロモーションに使えたり、固定客のお客さまへの特典で使用できるので。

ーー 様々な機能をお使いいただきありがとうございます。先ほど、タケノワ座さんのお客さまの年齢層が高い、というお話をされていましたが、スマホでチャットにコメントされる方はどれくらいの年代の方々なのでしょうか?

40代〜70代くらいの方がコメントされています。落語でも長唄でもオンラインイベントではフリートークの時間をつくっているんです。わざわざお金を払って、時間を使って生配信をご視聴くださる方々は、出演者のコアなファンの方が多いので、出演者とコミュニケーションが取れたら喜ばれるだろうな、というのと、せっかくの配信なので演者さんにもお客さまとコミュニケーションをとっていただきたいな、という思いで設けました。

teketさんは、スマホでも配信画面からコメントできるのは、お客さまからみても他の電子チケットサービスにはない良さになっていると思います。

ーー 最後に、今後teketに期待することはありますか。

やっぱり説明が丁寧だったり、UIがわかりやすかったりが良いところだと思うので、このまま優しさにあふれたサービスを続けて欲しいな、と思います。サービスを使う側にも優しく、お客さまにも、デジタルが苦手な人にも優しいまま、国内最大手になってもらいたいですね。

ーー ありがとうございます。頑張ります!

                                       

teket利用者の声

「自社システムとハイブリッドで使えるのが便利」23ヶ所の文化施設を管理運営する名古屋市文化振興事業団がteketを使う理由

名古屋市文化振興事業団は、自前のシステムとteketを組み合わせたハイブリッドな形でチケット販売を行っています。4人のキーパーソンに、teketを導入した背景や、どのように使いわけをされているかを伺いました。

記事を読む
配信チケットと食材やフライパンをセット販売!扶桑社『天然生活』のユニークな取り組み

コロナ禍により定着しつつあるオンライン配信イベント。その中で面白い取り組みをされている、扶桑社の望月さんに、雑誌『天然生活』でのオンライン配信とグッズのセット販売についてや、運用体制などについてお話しを聞きました。

記事を読む
「複数の電子チケットサービスを使った結果teketが残った」芸術文化ワークス代表理事に聞いたteketの使い心地と要望

日本におけるNPOの草分的存在として知られる特定非営利活動法人 芸術文化ワークス。アーティストとして長年第一線で活動を続けられながら、芸術文化ワークスの理事長も務められている加藤訓子さんにteketの使い心地と要望についてお話を伺いました。

記事を読む
「チケット販売状況をいつでも見られて表示も分かりやすい」ヴァイオリニストの石上真由子が語るteketの魅力

国内外のコンクールで優勝・受賞を果たすなど、いまもっとも注目を集める若手ヴァイオリニストの石上真由子さんにteketを使い始めたきっかけや、魅力について伺いました。

記事を読む
「QRコードの非接触入場は拍子抜けするほど簡単。もう紙のチケットには戻れない」スターツおおたかの森ホール館長が語るteketの魅力

スターツおおたかの森ホールでは貸館事業だけでなく、自主事業として自主公演やイベントも開催されています。初代館長の筒井秀夫さんに、ホール側、そして、主催者側の両面でteketの使い勝手や魅力についてお話を伺いました。

記事を読む
「欲しい機能をリクエストしたら次のイベント時には実装されていた」制作会社が語るteketの魅力

個人での気軽な配信から、スタジオを使った番組の配信、舞台やミュージカルなどのライブ配信・アーカイブ配信などさまざまな配信が行われています。今回は、コロナ禍で配信業務も担うようになった制作会社の株式会社リジュエさんにお話を伺いました。

記事を読む
「teketを使って感動した!」伝統芸能「能」の拡張に取り組む未来能のプロデューサーが語るteketの魅力

コロナ禍により本格的に配信を始められた本多劇場に、劇場の変化や電子チケットの使い心地などについて伺いました。

記事を読む
コロナ禍による劇場の変化と紙のチケットと電子チケットについて

コロナ禍により本格的に配信を始められた本多劇場に、劇場の変化や電子チケットの使い心地などについて伺いました。

記事を読む
teketのコロナ対策は
ホールとの信頼関係も得られる!?

筑波研究学園都市吹奏楽団に、コロナ禍による電子チケットサービスに移行した経緯や、teketのコロナ対策について話を聞かせてもらいました

記事を読む
開発者が振り返る
teketの軌跡を

teketの軌跡を振り返りながら、既存のチケット販売サービスとの違いや、今後、利用者のどのような課題を解決していくのかなどを語るインタビュー

記事を読む
テレビ放送局の看板イベント実現を支えた
teketを使ったコロナ対策

3万2000人の来場者を迎えた大分朝日放送の「OAB大感謝祭2020」におけるteketを使ったコロナ対策について伺いました。

記事を読む
コロナ禍で変わった
タワーレコードのライブ配信

タワーレコードでイベントを担当しているお二人に、コロナ前と後のライブ配信の違いや、「好き」を熱量を持って届ける秘訣などを聞きました。

記事を読む
クラシック音楽事務所
「プロアルテムジケ」に、
業界が抱える課題や
変化について聞いた

クラシック業界のイベントの作り方を変える新しい取り組み『プロアルテケト』。協働でプロジェクトを行っている音楽事務所に、業界が抱える課題や変化について聞きました。

記事を読む
ライブ配信で成功している
プロのアーティストに
使っているPCや機材、
設定方法などを聞いた

プロのアーティストがどういう機材使って、どんな設定でライブ配信をしているか気になりませんか? ビレッジマンズストアの岩原さんに話を聞きました。

記事を読む
アマチュアオーケストラの
課題や今後の展望、
それぞれのサービスに込めた
思いを語る

teketがサービス開始後すぐに連携を申し入れたクラシック音楽情報サイト「ConcertSquare」の代表者 安西さんと、teketの代表者 島村との、代表者同士の対談記事です。

記事を読む
公演当日のあの行列が解消!?
初めてのteket導入で実感した
メリットと可能性

「当日のチケット受け渡し対応をしなくてよくなった」ユニコーン・シンフォニー・オーケストラの皆さんにteket導入のメリットを聞きました。

記事を読む
チケットの「手売り文化」の弊害を
teketでなくしたい

teketの企画・開発担当者の島村さんに、既存のチケット販売サービスと何が違うのか、利用者のどのような課題を解決していくのかを聞きました。

記事を読む

teketで
初めてのイベントを
はじめてみよう!

無料でイベントを作る