「自社システムとハイブリッドで使えるのが便利」23ヶ所の文化施設を管理運営する名古屋市文化振興事業団がteketを使う理由

「自社システムとハイブリッドで使えるのが便利」23ヶ所の文化施設を管理運営する名古屋市文化振興事業団がteketを使う理由

名古屋市内の23ヶ所の文化施設を管理・運営している公益財団法人名古屋市文化振興事業団。クラシックや舞踊、演劇、伝統芸能、美術など、幅広いジャンルの催し物を日々開催している施設にteketが導入されています。

名古屋市文化振興事業団は、自前のシステムとteketを組み合わせたハイブリッドな形でチケット販売を行っています。今回は4人のキーパーソンに、teketを導入した背景や、どのように使いわけをされているかを伺いました。ぜひ最後までご覧ください。

teketとの出会いは社内全体のデジタルシフト

ーー 本日はよろしくお願いいたします。早速ですが、名古屋市文化振興事業団はどのような活動をされているのでしょうか。

文化振興部 総務課(経営企画)  大野 真里奈さん

文化振興部 総務課(経営企画) 大野 真里奈さん

大野 真里奈さん(以下:大野):名古屋市文化振興事業団は、名古屋市内の23カ所の文化施設の管理・運営をしています。年間のイベント数は300公演を超えるくらいで、年間約20万人の方々にお越しいただいております。イベント内容は、クラシックや舞踊、演劇、伝統芸能、美術など。最近は、劇場の座付き団体を立ち上げまして、地域の方にご参加いただきながら一緒に練習をして、成果発表の公演を行なうような取り組みもしています。

事業部 事業推進課  鈴木 颯さん

事業部 事業推進課 鈴木 颯さん

鈴木 颯さん(以下:鈴木):管理しているものの中には中小規模のホールや劇場以外に、市民美術を展示するギャラリーや、演劇練習館、そして、世界で最大の能楽堂もあります。名古屋市は、各区が300席前後の小さいホールを持っているのが特徴なのですが、当事業団は、全ての区の文化小劇場を指定管理者として管理をしています。劇場を管理する会社としてみると、管理している施設数や、従業員数もほかと比べて多く、公益団体としてかなり特殊だと思います。

ーー 名古屋市文化振興事業団は自社システムでチケットの発行・管理をされています。自社システムをお持ちなのに、teketを使おうと思ったのはどういった理由があったのでしょうか?

名古屋市東文化小劇場 名古屋市民ギャラリー矢田  墨 泰岳さん

名古屋市東文化小劇場 名古屋市民ギャラリー矢田 墨 泰岳さん

墨 泰岳さん(以下:墨):2020年くらいから勤怠管理システム、ホームページなどをデジタル化させるプロジェクトが動き始めて、その一環としてチケットシステムも見直しをしました。

我々のチケットシステムは15年前くらいに自前で導入したものです。名古屋市内にある23施設のどこからでも、行きたい公演のチケットが購入できるという特徴があるのですが、これを実現するために、23施設をイントラネット(社内専用のネットワーク)で繋いでいます。チケットデータを全て本部のサーバーで管理をしていて、各施設はそこから情報を引っ張ってきてプリントアウトする形です。

ーー 素晴らしいシステムだと思うのですが、どうして見直しをすることになったのでしょうか?

墨: 電子チケットや、オンライン対応の使い勝手があまり良くないんです。ちょうどコロナ禍のタイミングでライブ配信に注目が集まっていたこともあり、システムを根本から見直そうかという話になりました。それで、自前のシステムを新たにつくるのか、今のシステムをリプレイスするのかなどの議論を重ねた結果「今あるシステムは活かして、その上に電子チケットのシステムを乗っけよう」という結論になりました。

そこで、電子チケットサービスを調べていく中で出会ったのがteketさんです。我々は名古屋市の外郭団体ですので、サービスを決める際に説明責任があります。そのため、当時あった電子チケットサービスを一通りリストアップして比較検討をしました。teketさんは、ライブ配信にも対応していて、無料公演であれば手数料無料で使えるなどの特徴もあったので、お問い合わせをさせてもらったという流れです。

自分たちで作りたいように作れて、売りたいように売れる

ーー 新しいシステムを施設全体に周知したり使ってもらったりするのは大変だと思うのですが、teketを23施設のスタッフさんに使ってもらうためのオペレーションなどはどう対応されたのでしょうか?

事業部 事業推進課長  髙木 康晴さん

事業部 事業推進課長 髙木 康晴さん

髙木 康晴さん(以下:髙木):そもそも施設に対して、「今後はteketを使ってください」という強制ではなく、「teketというサービスが使えるようになったので使ってみてください」というお願いベースなんですね。施設ごとにアカウントを作って、概要や詳細を入力するところまでは我々が対応して、あとは各施設にお任せと言いますか。

大野:私たち本部がteketを使っている様子を見て、「こんな簡単に使えるんだ」というのが伝わって全体に浸透していった感じです。

鈴木:teketさんは、システムが分かりやすくて感覚的に触れられることであったり、マニュアルが随時更新されていたりするので、レクチャーが必要だったとかも全くなかったですね。

むしろレクチャーをしていない分、それぞれ自由に使われていますね。例えば、アンケート機能を活用して次回公演の通知や、アドレスを伺って顧客リストを作ったりとか。今回、インタビューをきっかけに各施設からどういった使い方をしているかの情報が聞けたので、横展開もできたらいいなと思っています。

ーー 自社システムとの使い分けなどはどのように決められているんですか?

名古屋市文化振興事業団 電子チケット インタビュー

墨: 公演ごとによって決めています。teketだけのものもあれば、自社システムメインのものもありますし、自社システムとteketを組み合わせている公演もあります。

例えば、「0才の赤ちゃんからたのしめるコンサートシリーズ【0・1・2シアター】」というイベントを定期開催しているのですが、来場されるのは20代30代のお母さんです。teketとの親和性も高く、このシリーズは自社システムで紙のチケットを出すのをやめて、teketの電子チケットのみに切り替えました。

逆に、75歳以上をターゲットにしたイベントなどは電子チケットと相性が悪く自社システムがメインです。

髙木:能の公演で自社システムとteketさんを組み合わせて販売をしたことがあります。チケットが全部で255枚売れたのですが、teketさん経由は14枚で5.5%でした。親子向けのイベントなどでは同様の形式の販売で、teketさん経由が60%を超えたりするので、伝統芸能系のイベントは難しい印象がありますね。

大野:teketさんのサービスは、そもそも自社システムと組み合わせてハイブリッドで使えるところが、利用していて便利でありがたいところだなと思っています。

今回の公演は高齢者が多いから電子チケットの割合はこれくらいにしよう、県外から来る人が多そうだから電子チケットの割合を増やそう、など公演ごとに比率を変えられますし、販売してからいろいろ設定を変えられるのも助かっています。

鈴木:クーポンコードを発行したり、区民割のチケットを作れたりと、「自分たちで作りたいように作れて売りたいように売れる」のも良いですね。

ーー ほかにもteketを使っていて良かったところがあれば教えてください。

名古屋市文化振興事業団 電子チケット インタビュー ナゴヤワークショップフェスタ

 

大野:私がはじめてteketさんを使わせてもらったのが「ナゴヤワークショップフェスタ2021 ポッシブる!」というイベントです。このイベントは、市内19施設でワークショップなどを40教室開講するというもので、これまでは、公演情報の詳細などや写真などを掲載した新聞紙のようなチラシを作って広報していました。
名古屋市文化振興事業団 電子チケット インタビュー

でも、今回はペライチのチラシにして、QRコードからteketさんのページに飛ぶ対応に変更しました。teketさんのページに飛ぶと、それぞれの講座の詳細情報が載ってる感じです。このイベントは小学生がメインターゲットなのですが、親御さんの世代にteketが使いやすかったみたいで、好評でした。こういった大規模なイベントで活用できるのも良かったところです。

サポートの良さがteketを使う決め手になった

墨: 良かったことと少し違うかもしれませんが、電子チケットサービスを比較検討する中でteketさんを選んだ決め手になったのがサポート対応です。各社さんとメールでやりとりを進めていく中で、メールの返信が遅かったり、担当者が変わったり、連絡が来なくなったりなど色々ありました。その中でteketさんはしっかり対応してくれて、最後まで面倒をみてくれました。これが僕にとって凄く嬉しかった、というのはあります。

ーー サポートはteketとして力を入れている部分なので評価いただけて嬉しいです。最後に、teketに何か要望などがあれば教えてください。

 

髙木:自社システムをなくせなかった理由の一つに、チケット販売システムを施設の利用者にも提供していることがあります。施設の利用者には、同好の趣味の人たちが集まって開催する商業目的ではない公演や、ピアノの発表会、ダンススクールの発表会といった小規模のイベントがメインの方も多くいらっしゃいます。そういった方々は、安価に使えるので私たちの施設を利用されているといった背景があるんです。

我々としては、teketさんのようなサービスを施設利用者の皆さんに提供できれば、さらに使い勝手が良くなると考えています。売り上げ的な面では厳しいところがあるかもしれませんが、一緒にサービス提供できるような体制がとれるようなご相談もできたらありがたいなと思っています。

 

ーー teketにはアマチュアやセミプロの方たちにも愛用いただいているので、その点でもお力添えできると思います! ありがとうございました。

                                       

teket利用者の声

「teketは優しさにあふれたサービス」日本の古典芸能に関するイベントを配信している「タケノワ座」に聞いたteketを選ぶ理由

オンライン配信にシフトするタイミングで様々な電子チケットサービスを試したという、「タケノワ座」を運営している竹ノ輪代表の竹村圭介さんにお話しを聞きました。大手から外資まで様々な電子チケットサービスを使用されたタケノワ座さんがteketを選んだ理由とは。ぜひ最後までご覧ください。

記事を読む
配信チケットと食材やフライパンをセット販売!扶桑社『天然生活』のユニークな取り組み

コロナ禍により定着しつつあるオンライン配信イベント。その中で面白い取り組みをされている、扶桑社の望月さんに、雑誌『天然生活』でのオンライン配信とグッズのセット販売についてや、運用体制などについてお話しを聞きました。

記事を読む
「複数の電子チケットサービスを使った結果teketが残った」芸術文化ワークス代表理事に聞いたteketの使い心地と要望

日本におけるNPOの草分的存在として知られる特定非営利活動法人 芸術文化ワークス。アーティストとして長年第一線で活動を続けられながら、芸術文化ワークスの理事長も務められている加藤訓子さんにteketの使い心地と要望についてお話を伺いました。

記事を読む
「チケット販売状況をいつでも見られて表示も分かりやすい」ヴァイオリニストの石上真由子が語るteketの魅力

国内外のコンクールで優勝・受賞を果たすなど、いまもっとも注目を集める若手ヴァイオリニストの石上真由子さんにteketを使い始めたきっかけや、魅力について伺いました。

記事を読む
「QRコードの非接触入場は拍子抜けするほど簡単。もう紙のチケットには戻れない」スターツおおたかの森ホール館長が語るteketの魅力

スターツおおたかの森ホールでは貸館事業だけでなく、自主事業として自主公演やイベントも開催されています。初代館長の筒井秀夫さんに、ホール側、そして、主催者側の両面でteketの使い勝手や魅力についてお話を伺いました。

記事を読む
「欲しい機能をリクエストしたら次のイベント時には実装されていた」制作会社が語るteketの魅力

個人での気軽な配信から、スタジオを使った番組の配信、舞台やミュージカルなどのライブ配信・アーカイブ配信などさまざまな配信が行われています。今回は、コロナ禍で配信業務も担うようになった制作会社の株式会社リジュエさんにお話を伺いました。

記事を読む
「teketを使って感動した!」伝統芸能「能」の拡張に取り組む未来能のプロデューサーが語るteketの魅力

コロナ禍により本格的に配信を始められた本多劇場に、劇場の変化や電子チケットの使い心地などについて伺いました。

記事を読む
コロナ禍による劇場の変化と紙のチケットと電子チケットについて

コロナ禍により本格的に配信を始められた本多劇場に、劇場の変化や電子チケットの使い心地などについて伺いました。

記事を読む
teketのコロナ対策は
ホールとの信頼関係も得られる!?

筑波研究学園都市吹奏楽団に、コロナ禍による電子チケットサービスに移行した経緯や、teketのコロナ対策について話を聞かせてもらいました

記事を読む
開発者が振り返る
teketの軌跡を

teketの軌跡を振り返りながら、既存のチケット販売サービスとの違いや、今後、利用者のどのような課題を解決していくのかなどを語るインタビュー

記事を読む
テレビ放送局の看板イベント実現を支えた
teketを使ったコロナ対策

3万2000人の来場者を迎えた大分朝日放送の「OAB大感謝祭2020」におけるteketを使ったコロナ対策について伺いました。

記事を読む
コロナ禍で変わった
タワーレコードのライブ配信

タワーレコードでイベントを担当しているお二人に、コロナ前と後のライブ配信の違いや、「好き」を熱量を持って届ける秘訣などを聞きました。

記事を読む
クラシック音楽事務所
「プロアルテムジケ」に、
業界が抱える課題や
変化について聞いた

クラシック業界のイベントの作り方を変える新しい取り組み『プロアルテケト』。協働でプロジェクトを行っている音楽事務所に、業界が抱える課題や変化について聞きました。

記事を読む
ライブ配信で成功している
プロのアーティストに
使っているPCや機材、
設定方法などを聞いた

プロのアーティストがどういう機材使って、どんな設定でライブ配信をしているか気になりませんか? ビレッジマンズストアの岩原さんに話を聞きました。

記事を読む
アマチュアオーケストラの
課題や今後の展望、
それぞれのサービスに込めた
思いを語る

teketがサービス開始後すぐに連携を申し入れたクラシック音楽情報サイト「ConcertSquare」の代表者 安西さんと、teketの代表者 島村との、代表者同士の対談記事です。

記事を読む
公演当日のあの行列が解消!?
初めてのteket導入で実感した
メリットと可能性

「当日のチケット受け渡し対応をしなくてよくなった」ユニコーン・シンフォニー・オーケストラの皆さんにteket導入のメリットを聞きました。

記事を読む
チケットの「手売り文化」の弊害を
teketでなくしたい

teketの企画・開発担当者の島村さんに、既存のチケット販売サービスと何が違うのか、利用者のどのような課題を解決していくのかを聞きました。

記事を読む

teketで
初めてのイベントを
はじめてみよう!

無料でイベントを作る