「NTTドコモの地域に根ざした活動がteketを知ったきっかけ」日本一の芋煮会フェスティバルが電子チケットサービスを導入した背景と効果を聞いた

「NTTドコモの地域に根ざした活動がteketを知ったきっかけ」日本一の芋煮会フェスティバルが電子チケットサービスを導入した背景と効果を聞いた

山形市の恒例行事である、大鍋による調理が名物の「日本一の芋煮会フェスティバル」。2022/9/18(日)に開催された第34回日本一の芋煮会フェスティバルは、直径6.5メートルの日本一の大鍋「3代目鍋太郎」で調理された芋煮を楽しむイベントです。3年ぶりに開催されたイベントでは、来場者に3万食の芋煮が提供されました。

teket(テケト)は、第34回日本一の芋煮会フェスティバルの電子チケットでの協賛チケット販売でご協力させていただいています。

今回は、第34回日本一の芋煮会フェスティバル実行委員会の運営をしている山形商工会議所青年部の鈴木 將由さん、生田 道昭さんにteketを導入した背景や、電子チケット使用についてを伺いました。ぜひ最後までご覧ください。

直径6.5メートルの鍋で3万食!商工会議所の中でも珍しい取り組み

ーー 本日はよろしくお願いいたします。まずは、「日本一の芋煮会フェスティバル」や実行委員会の紹介をお願いできますでしょうか。

生田 道昭さん(写真:左)
第34回日本一の芋煮特別委員会 企画・広報部 部会長。地元小売業「株式会社エイアンドシー」勤務。山形商工会議所青年部には平成31年入会。

鈴木 將由さん(写真:右)
第34回日本一の芋煮特別委員会実行委員長。地元建設業「小野建設株式会社」勤務。山形商工会議所青年部には平成24年に入会。

鈴木 將由さん(以下、鈴木):まずは団体の紹介からさせてもらいます。我々は、山形商工会議所青年部という団体に所属しておりまして、そこで「日本一の芋煮会フェスティバル実行委員会」という官民一体の会を発足して、日本一の芋煮会フェスティバルを運営・開催しております。

日本一の芋煮会フェスティバルは、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷で、山形の名物「芋煮」を直径6.5メートルの鍋で3万食ご提供するというイベントです。ご来場いただいた方には、県産材をふんだんに利用した芋煮を、販売ではなく1杯500円の協賛という形でお配りしています。

今回で34回目の開催となります。全国ニュースでも取り上げていただくことも多く、県外からも多くの来場者がいらっしゃっています。

ーー 山形商工会議所青年部の皆さまが持ち回りで担当されているのでしょうか?

鈴木:そうですね。毎年、山形商工会議所青年部が持ち回りでやっています。

ーー 全国の商工会議所の中でも珍しい取り組みですよね?

鈴木:珍しいというか、こんなに大きなイベントをやっている青年部はないと言われています。実行委員会はおおよそ50名、青年部全体で100名、ボランティアも含めると700、800名で当日の運営を行っているので、来場者という意味でも、関わっている人の人数という意味でも、大きなイベントだと思います。

ーー 今回が初めてのキャッシュレスでの取り組みだと思いますが、これまではどういう形で取り組まれていたのでしょうか?

鈴木:紙のチケットと、現金でのやりとりです。キャッシュレス決済システムの導入は、何度か論点にあがってきたことはあるのですが、歴史あるイベントということもあり、なかなか新しい取り組みがしづらくて実現までは至っていませんでした。今回、コロナ禍での開催で非接触が推奨されたことで、結果的にキャッシュレスを導入できたという形です。

NTTドコモの地域に根ざした活動がteketを知るきっかけ

ーー teketを知ったきっかけやteketにしようと思った理由などがあれば教えていただけますか?

生田 道昭さん(以下、生田):teketさんを知ったきっかけは、地元山形のNTTドコモさんです。NTTドコモさんは、色々な形で地元のイベントを応援してくれたり、地元の企業と関わりを持ってくれてたりしているんですね。これまでも様々なことでお力添えをいただいているので「キャッシュレスや非接触の相談をまずはNTTドコモさんにしよう」という流れになって、teketを紹介してもらいました。

teketに決めた理由も、NTTドコモさんです。NTTドコモさんの紹介であれば間違いないな、と。もちろん、ほかの電子チケットサービスとも比較して……、とも思ったのですが、イベントの規模が大きいことと、開催までの期間が短かったこともあり、迷わずteketさんに決めました。

ーー NTTドコモは地域に根ざした活動を長らく続けているので、そこで信頼関係が生まれてteketの導入に繋がったのは、NTTドコモ(teketの事業責任者の島村はNTTドコモ所属)の人間として非常に嬉しいです。ありがとうございます。ちなみに、teketの説明を受けてどのような点に魅力を感じましたか?

生田:大きく3つあります。まずは、使いやすいという点。次に、導入コストなどの金銭面の負担が少ない点です。teketは、登録料が一切なく、チケットの手数料のみのため、ある種、導入において失敗のリスクがないことを説明されました。その点は大きかったと思います。

最後に、非接触です。コロナ禍の状況というところもあり、通常開催をするにはお客さまの安全を優先する必要がありました。我々としても、安全を確保したうえでお客さまに楽しんでもらったり、喜んでもらったりして欲しいという思いがあったので、非接触でチケットのやりとりができる点は1番のポイントでした。

ーー なるほど。単純にキャッシュレス化だけだと導入は難しかったかもしれないけれど、コロナ禍で非接触が求められていたことがあり、結果的に電子チケットでキャッシュレス化もできた、という感じでしょうか?

生田:そうですね。マスコミから取材を受けるときも必ず「コロナ対策は?」と聞かれていたので、非接触が非常に大きかったと思います。teketの導入が決まったことでコロナ対策も明確に謳えるようになったので、マスコミの会見では「teket」と何度も言わせてもらいました。山形市長もおっしゃってくれているので、teketのPRにもなったんじゃないかと思います(笑)。

ーー ありがとうございます。

来場者にもメリットのある時間帯指定チケット

ーー teketを実際に使ってみて、良かった点を教えていただけますか?

生田:現金の管理が必要ないのは1番助かりました。それと、現金の場合、協賛チケットを購入いただいて、そのチケットを引換所で整理券に変えてもらうというフローが必要になるんです。というのも、大勢の方が来場している関係で、時間で区切って芋煮をお配りしているので、チケットを買ってすぐに芋煮を食べられるわけではないんですね。

teketでは、時間帯別で協賛チケットを販売しました。引換所を経由しなくて良いというのと、そもそも当日に列に並んで協賛チケットを購入しなくても良い、という点は来場者の方からみても良かったと思います。

ただ、電子チケットでの販売は今回がはじめてということもあり、時間帯別のチケットである点をうまくご案内できていなくて、違う時間帯のお客様も並んでしまうという問題が起きました。この点は課題ですね。

鈴木:そうですね。ほかにも課題というと、電子チケットだと一人で複数枚の協賛チケットを買っている場合、分かりにくいというのもありました。お客さまによっては、家族分の協賛チケットを購入して芋煮を取りに来られる方もいらっしゃいます。その場合は複数回QRコードを読み込まないといけないのと、パッと見たときに何名分のチケットなのかが分かりにくくて現場スタッフが混乱してしまったんですね。この辺りも、次回に対策ができればと思っています。

ーー teketとしてもその点に関しては一緒に対策ができればと思います。今回、電子チケットと当日の現金販売などとの併売をされていましたが、電子チケットと当日販売で購入されるお客様層に違いはありましたか?

 生田:そもそもの話になるのですが、日本一の芋煮会フェスティバルは天候にかなり左右されるイベントで、山形市民は当日の天気が分からないと購入しない、というのがあります。新聞に「芋煮会の天気予報」が出るくらい、当日の天候に左右されるため、我々の予想では電子チケットを購入するのは県外の方だと思っていました。

でも、teketのアンケート機能を活用して、後日、購入した方の属性を調べてみたら意外と山形県民の方がいらっしゃいました。

鈴木:おそらくですが、協賛チケットの時間帯指定という点にメリットを感じていただけたのではないかと思います。これまでは、現地でお金を払っても何時に食べられるか分からなかったので我々も「なるべく早く来てください」と案内をしていました。でも、teketの協賛チケットだと、その時間に行けばいいのですからね。

生田:今回、teketでは日本一の芋煮会フェスティバルの3分の1のチケットを用意しました。時間帯指定のチケットなのに、オペレーションの理由でお待たせしてしまったという反省点はありますが、来場者の方にもメリットがありましたし、我々としても3分の1のチケットのお会計を現地でしなくて良くなったのは大変助かりました。

35回目の日本一の芋煮会フェスティバルに関しては、新しくメンバーでの運営となりますが引き続き電子チケットを活用した協賛チケットの販売ができればと思います。

                                       

teket利用者の声

2年連続導入!学生用チケットの設定で学園祭でも使いやすく、お客さまからも好評。日本最大規模の学園祭「早稲田祭」でライブを企画・運営している学生が語るteketの魅力

teketは2022年に学園祭の協賛をしたことを皮切りに、”大学生が主体の学園祭ライブイベント”の協力・応援をしています。

忙しい学生生活のなか、大規模なイベントを管理・運営をするのは大変なことであり、チケットの管理や販売はイベント進行の中でも、特に面倒な部分です。teketでは、その面倒事が少しでも楽になるような機能を提供することで、サポートをしています。

記事を読む
「クーポンを瞬時に発行でき、座席種や金額を柔軟に設定できる自由度の高さが魅力」バッハ・コレギウム・ジャパンが電子チケットサービスを導入した背景と効果を聞いた

バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)は世界的なバッハ演奏家、オルガン・チェンバロ奏者、指揮者の鈴木雅明を音楽監督、鈴木優人を首席指揮者に擁し、世界中から集まったオリジナル楽器のスペシャリストとともに、1900年に結成したオーケストラ・合唱団です。BCJ事務局の小林賢治さんにteketを導入した背景や、電子チケット使用についてを伺いました。

記事を読む
『キャプテン翼』の高橋陽一氏がオーナーのサッカークラブ「南葛SC」がteketを導入!マーケティングにも活した活用法とは

東京都葛飾区からJリーグ入りを目指し活動をしている「南葛SC」。南葛SCはサッカー漫画『キャプテン翼』の主人公・大空翼が所属するチームと同名の社会人サッカークラブです。南葛SC マーケティング部の江藤美帆さんにteketを導入した背景や、電子チケット使用についてを伺いました。

記事を読む
日本ハンドボールリーグ所属のHC名古屋が5社の中からteketを導入した決め手とは?

HC名古屋は名古屋市を拠点に活動をしている、日本ハンドボールリーグ(JHL)に所属する女子ハンドボールチームです。HC名古屋のホームゲームでは、チケット販売のシステムとしてteket(テケト)が採用されています。紙のチケット販売からQRチケットへの移行を検討する中でteketを採用いただいた理由や背景を伺いました。

記事を読む
「会場図が分かりやすく払い戻し作業も楽」東京ヤクルトスワローズ 2022プロ野球オープン戦でteketが使用されるようになった背景とは

東京ヤクルトスワローズ浦添協力会による2022プロ野球オープン戦(スワローズ主催・浦添開催)の試合観戦チケットの販売。東京ヤクルトスワローズ浦添協力会を運営している浦添商工会議所の皆さんにteketを導入した背景や、スポーツでの電子チケット使用についてを伺いました。

記事を読む
「国内市場を念頭に日本語で開発されたサービスであることが決め手になった」日本ローイング協会が全日本選手権大会に電子チケットサービスteketを導入した理由

2020年に創立100周年を迎えた公益社団法人日本ローイング協会。全競技の中で最も早く100回目を迎えた全日本選手権のチケット販売にteketを使用いただきました。初めての電子チケット導入にあたって、その背景やスポーツでの電子チケット使用についてを伺いました。

記事を読む
「自社システムとハイブリッドで使えるのが便利」23ヶ所の文化施設を管理運営する名古屋市文化振興事業団がteketを使う理由

名古屋市文化振興事業団は、自前のシステムとteketを組み合わせたハイブリッドな形でチケット販売を行っています。4人のキーパーソンに、teketを導入した背景や、どのように使いわけをされているかを伺いました。

記事を読む
「teketは優しさにあふれたサービス」日本の古典芸能に関するイベントを配信している「タケノワ座」に聞いたteketを選ぶ理由

オンライン配信にシフトするタイミングで様々な電子チケットサービスを試したという、「タケノワ座」を運営している竹ノ輪代表の竹村圭介さんにお話しを聞きました。大手から外資まで様々な電子チケットサービスを使用されたタケノワ座さんがteketを選んだ理由とは。ぜひ最後までご覧ください。

記事を読む
配信チケットと食材やフライパンをセット販売!扶桑社『天然生活』のユニークな取り組み

コロナ禍により定着しつつあるオンライン配信イベント。その中で面白い取り組みをされている、扶桑社の望月さんに、雑誌『天然生活』でのオンライン配信とグッズのセット販売についてや、運用体制などについてお話しを聞きました。

記事を読む
「複数の電子チケットサービスを使った結果teketが残った」芸術文化ワークス代表理事に聞いたteketの使い心地と要望

日本におけるNPOの草分的存在として知られる特定非営利活動法人 芸術文化ワークス。アーティストとして長年第一線で活動を続けられながら、芸術文化ワークスの理事長も務められている加藤訓子さんにteketの使い心地と要望についてお話を伺いました。

記事を読む
「チケット販売状況をいつでも見られて表示も分かりやすい」ヴァイオリニストの石上真由子が語るteketの魅力

国内外のコンクールで優勝・受賞を果たすなど、いまもっとも注目を集める若手ヴァイオリニストの石上真由子さんにteketを使い始めたきっかけや、魅力について伺いました。

記事を読む
「QRコードの非接触入場は拍子抜けするほど簡単。もう紙のチケットには戻れない」スターツおおたかの森ホール館長が語るteketの魅力

スターツおおたかの森ホールでは貸館事業だけでなく、自主事業として自主公演やイベントも開催されています。初代館長の筒井秀夫さんに、ホール側、そして、主催者側の両面でteketの使い勝手や魅力についてお話を伺いました。

記事を読む
「欲しい機能をリクエストしたら次のイベント時には実装されていた」制作会社が語るteketの魅力

個人での気軽な配信から、スタジオを使った番組の配信、舞台やミュージカルなどのライブ配信・アーカイブ配信などさまざまな配信が行われています。今回は、コロナ禍で配信業務も担うようになった制作会社の株式会社リジュエさんにお話を伺いました。

記事を読む
「teketを使って感動した!」伝統芸能「能」の拡張に取り組む未来能のプロデューサーが語るteketの魅力

コロナ禍により本格的に配信を始められた本多劇場に、劇場の変化や電子チケットの使い心地などについて伺いました。

記事を読む
コロナ禍による劇場の変化と紙のチケットと電子チケットについて

コロナ禍により本格的に配信を始められた本多劇場に、劇場の変化や電子チケットの使い心地などについて伺いました。

記事を読む
teketのコロナ対策は
ホールとの信頼関係も得られる!?

筑波研究学園都市吹奏楽団に、コロナ禍による電子チケットサービスに移行した経緯や、teketのコロナ対策について話を聞かせてもらいました

記事を読む
開発者が振り返る
teketの軌跡を

teketの軌跡を振り返りながら、既存のチケット販売サービスとの違いや、今後、利用者のどのような課題を解決していくのかなどを語るインタビュー

記事を読む
テレビ放送局の看板イベント実現を支えた
teketを使ったコロナ対策

3万2000人の来場者を迎えた大分朝日放送の「OAB大感謝祭2020」におけるteketを使ったコロナ対策について伺いました。

記事を読む
コロナ禍で変わった
タワーレコードのライブ配信

タワーレコードでイベントを担当しているお二人に、コロナ前と後のライブ配信の違いや、「好き」を熱量を持って届ける秘訣などを聞きました。

記事を読む
クラシック音楽事務所
「プロアルテムジケ」に、
業界が抱える課題や
変化について聞いた

クラシック業界のイベントの作り方を変える新しい取り組み『プロアルテケト』。協働でプロジェクトを行っている音楽事務所に、業界が抱える課題や変化について聞きました。

記事を読む
ライブ配信で成功している
プロのアーティストに
使っているPCや機材、
設定方法などを聞いた

プロのアーティストがどういう機材使って、どんな設定でライブ配信をしているか気になりませんか? ビレッジマンズストアの岩原さんに話を聞きました。

記事を読む
アマチュアオーケストラの
課題や今後の展望、
それぞれのサービスに込めた
思いを語る

teketがサービス開始後すぐに連携を申し入れたクラシック音楽情報サイト「ConcertSquare」の代表者 安西さんと、teketの代表者 島村との、代表者同士の対談記事です。

記事を読む
公演当日のあの行列が解消!?
初めてのteket導入で実感した
メリットと可能性

「当日のチケット受け渡し対応をしなくてよくなった」ユニコーン・シンフォニー・オーケストラの皆さんにteket導入のメリットを聞きました。

記事を読む
チケットの「手売り文化」の弊害を
teketでなくしたい

teketの企画・開発担当者の島村さんに、既存のチケット販売サービスと何が違うのか、利用者のどのような課題を解決していくのかを聞きました。

記事を読む

イベントページを無料で
作りませんか?

即日審査なし!
最短5分、0円から、利用可能です。
必要なのはメールアドレスだけ。まずは会員登録してみてください!