「欲しい機能をリクエストしたら次のイベント時には実装されていた」制作会社が語るteketの魅力

株式会社リジュエ 代表取締役 齋藤康嘉さん、栗原千穂さん

「欲しい機能をリクエストしたら次のイベント時には実装されていた」制作会社が語るteketの魅力

株式会社リジュエ 代表取締役 齋藤康嘉さん、栗原千穂さん

2020年からはじまった「コロナ禍」で、舞台やミュージカルなどは開催ができなくなったり、動員数の制約があったりと、「エンターテイメント」はこれまでとは大きく変わりました。この状況の中で注目集めたのが配信です。

個人での気軽な配信から、スタジオを使った番組の配信、舞台やミュージカルなどのライブ配信・アーカイブ配信などさまざまな配信が行われています。今回は、コロナ禍で配信業務も担うようになった制作会社の株式会社リジュエさんにお話を伺いました。

齋藤康嘉さん

齋藤康嘉さん

齋藤康嘉さん
TV「轟轟戦隊ボウケンジャー」、ミュージカル「テニスの王子様」、ミュージカル「聖闘士星矢」などに出演。その後、年間50本以上の舞台・ミュージカル作品の撮影や物販制作に携わるようになり、現在は株式会社リジュエの代表取締役を務めている。
栗原千穂 さん
株式会社リジュエにて、映像オペレーターとして様々な企画の配信に携る。
【実績】
配信番組:「オイハギ!」「ビストロボーイズ」「少年bar」「横井翔二郎写真集発売記念特番」etc.
舞台:「新編ロミオとジュリエット」「イエスタデイ」「酔狂落語」etc

teketはサポート対応が迅速で親切

―― リジュエはどのような会社なのでしょうか?

齋藤:弊社は舞台やミュージカル用の、パンフレット作成や、物販に関する制作などを主業務として行っています。

私がもともと特撮ヒーローやアニメ原作のミュージカルなどに出演しており、いわゆるタレント活動をしていた経緯で、私のグッズを制作するためにリジュエの前身となる団体を立ち上げました。そこから、ほかのタレントさんの写真を撮ったり、制作物のデザインをしたりなど、ある種、社会貢献的に行ってきたものが拡大していって今の形となっています。

――配信業務をはじめられたのはコロナ禍がきっかけですか?

齋藤:そうですね。弊社のお客さまは舞台の制作会社さんが多いのですが、コロナ禍で緊急事態宣言が発令され、舞台ができなくなりました。それにより、役者さんは出演場所がなくなったんですね。

その後、舞台はできるようにはなりましたが、コロナ対策で動員数の制約も多く、劇場に足を運ぶことができないお客様のために何かできないかということで配信業務をはじめました。

弊社スタジオを活用した番組制作をしており、舞台の制作会社さんや役者さんが普段と近しい形でお仕事ができるように取り組んでいます。

―― teketを導入しようと思ったきっかけを教えてください

栗原:配信業務をはじめた当初は右も左も分からない状態だったので、「チケット 販売」などのキーワードで検索結果に出てきたサービスを比較検討しました。チケット販売したいイベントのスケジュールがタイトだったこともあり、すぐに使えて手数料無料キャンペーン中だったteketさんをお試しで使ってみたのがきっかけです。

――実際に使われてみてどうですか?

栗原:とても好印象です。teketさんのケアが本当に親切で。急を要する場面で使い方が分からずメールで問い合わせをしていたときに、「何かあったら電話してください」と、電話番号を教えてくださり、すごく親切で助かっています。

――サポート対応を褒めていただけるのは嬉しいです。ありがとうございます。

栗原:ほんとうに助けていただいています。ほかにも度々問い合わせをする機会があるのですが、その都度すぐにご対応いただけました。

欲しい機能をリクエストしたら次のイベント時には実装されていた

―― teketでほかに良かった部分はありますか?

栗原:当初こちらが欲しいと思っていた機能がなかったのですが、「これがあったら嬉しいです」という話をしたところ、その意見を取り入れてくれて、1か月後には実装されていました。こういう対応もありがたいですね。

――使っている中で新たに欲しい機能はありますか?

齋藤:出演者別でチケット売上が分かる機能が欲しいですかね。演劇系ですと、どの役者さんを応援しているか、誰経由でチケットを購入したか、などを制作会社さんは気にしています。

ですので、お客様がチケットを購入する際、どの役者を応援しているかなどを選択できるような機能がつき、制作会社さんが随時役者別のチケット販売数を確認できる機能が追加されたらさらに利用しやすいと思います。

――teketでは最近「アンケート機能」がつきました。チケットを購入するときに、お客さまに任意のアンケートに答えていただくような機能なのですが、この機能を使ってどの役者さんを応援しているかを把握することはできると思います。

齋藤:なるほど。ありがとうございます。

栗原:イベントについて、タレントさんや関係者がSNSなどで宣伝をするくらいしか知ってもらえる機会がありません。teketさんのほうでイベントを知ってもらいやすくするためのご協力をいただけたら嬉しいなと思います。

――teketのサイトからイベント一覧で見つけることはできますが、まだまだ訴求力はないと思いますので、teketで何かできないか我々も考えます。

配信に関わる制作会社やプロダクション、タレントともっと繋がりたい

―― 今後も配信業務は続けられますか?

齋藤:間違いなく続けていくと思います。配信業務に関しては番組づくりのクオリティをあげていきたいと思っています。配信自体は昔から数多くのタレントさんが個人配信をしてきています。今は昔より気軽に配信できますし、サービスもたくさんあります。

でも、番組をつくるのは個人では難しいですよね。そこを我々がお手伝いをしていきたいと思います。あとは、制作会社さんやプロダクション、タレントさんと、もっとたくさん繋がれたらと思います。

――業界的に横の繋がりが多そうなイメージがあるのですが、そうでもないのでしょうか?

齋藤:事務所のマネージャーさんや、プロダクションが集まっているコミュニティは昔からあるのですが、配信番組の制作会社さんが入っているコミュニティはまだまだ少数だと思います。番組制作となると、プロダクションやタレントさんからするとまだまだハードルを感じるのではないでしょうか。配信を身近にするためのコミュニティを作り、配信番組を普及させることは私たちの課題ですね。

                                       

teket利用者の声

「チケット販売状況をいつでも見られて表示も分かりやすい」ヴァイオリニストの石上真由子が語るteketの魅力

国内外のコンクールで優勝・受賞を果たすなど、いまもっとも注目を集める若手ヴァイオリニストの石上真由子さんにteketを使い始めたきっかけや、魅力について伺いました。

記事を読む
「QRコードの非接触入場は拍子抜けするほど簡単。もう紙のチケットには戻れない」スターツおおたかの森ホール館長が語るteketの魅力

スターツおおたかの森ホールでは貸館事業だけでなく、自主事業として自主公演やイベントも開催されています。初代館長の筒井秀夫さんに、ホール側、そして、主催者側の両面でteketの使い勝手や魅力についてお話を伺いました。

記事を読む
「teketを使って感動した!」伝統芸能「能」の拡張に取り組む未来能のプロデューサーが語るteketの魅力

コロナ禍により本格的に配信を始められた本多劇場に、劇場の変化や電子チケットの使い心地などについて伺いました。

記事を読む
コロナ禍による劇場の変化と紙のチケットと電子チケットについて

コロナ禍により本格的に配信を始められた本多劇場に、劇場の変化や電子チケットの使い心地などについて伺いました。

記事を読む
teketのコロナ対策は
ホールとの信頼関係も得られる!?

筑波研究学園都市吹奏楽団に、コロナ禍による電子チケットサービスに移行した経緯や、teketのコロナ対策について話を聞かせてもらいました

記事を読む
開発者が振り返る
teketの軌跡を

teketの軌跡を振り返りながら、既存のチケット販売サービスとの違いや、今後、利用者のどのような課題を解決していくのかなどを語るインタビュー

記事を読む
テレビ放送局の看板イベント実現を支えた
teketを使ったコロナ対策

3万2000人の来場者を迎えた大分朝日放送の「OAB大感謝祭2020」におけるteketを使ったコロナ対策について伺いました。

記事を読む
コロナ禍で変わった
タワーレコードのライブ配信

タワーレコードでイベントを担当しているお二人に、コロナ前と後のライブ配信の違いや、「好き」を熱量を持って届ける秘訣などを聞きました。

記事を読む
クラシック音楽事務所
「プロアルテムジケ」に、
業界が抱える課題や
変化について聞いた

クラシック業界のイベントの作り方を変える新しい取り組み『プロアルテケト』。協働でプロジェクトを行っている音楽事務所に、業界が抱える課題や変化について聞きました。

記事を読む
ライブ配信で成功している
プロのアーティストに
使っているPCや機材、
設定方法などを聞いた

プロのアーティストがどういう機材使って、どんな設定でライブ配信をしているか気になりませんか? ビレッジマンズストアの岩原さんに話を聞きました。

記事を読む
アマチュアオーケストラの
課題や今後の展望、
それぞれのサービスに込めた
思いを語る

teketがサービス開始後すぐに連携を申し入れたクラシック音楽情報サイト「ConcertSquare」の代表者 安西さんと、teketの代表者 島村との、代表者同士の対談記事です。

記事を読む
公演当日のあの行列が解消!?
初めてのteket導入で実感した
メリットと可能性

「当日のチケット受け渡し対応をしなくてよくなった」ユニコーン・シンフォニー・オーケストラの皆さんにteket導入のメリットを聞きました。

記事を読む
チケットの「手売り文化」の弊害を
teketでなくしたい

teketの企画・開発担当者の島村さんに、既存のチケット販売サービスと何が違うのか、利用者のどのような課題を解決していくのかを聞きました。

記事を読む

teketで
初めてのイベントを
はじめてみよう!

無料でイベントを作る